これって本当に必要?を見極めよう

マンションは、購入後には修繕費と管理費を支払っていく必要があります。管理しなくてはいけない設備が増えれば増えるほど、管理費が高額になります。そこで大切なのが、管理費が高騰しないマンションを選ぶことです。マンション選ぶ時、設備面の充実に目をひかれたりしませんか?広告を見ていると、キッズルームやゲストルーム、トレーニングジムがあったり、マンション内でバーべーキューができる場所があったり等、ウキウキしてくるような設備がついていたりします。マンション内にジムがあったら気軽に通えていいわ、とか、ゲストルームがあれば遠方の両親がきた時に泊まってもらえるし便利かもと思いますよね。確かに、とても便利だからこそついている設備です。ですが、意外と使わないとか、使いたいけれど使い勝手がちょっとね、などと言われがちなのもこのような設備なのです。購入後に本当に使うかなということをよく見極めることが大切です。

周辺のスーパー事情は必ずチェックしよう

食材や日用品などを購入するのに欠かせないスーパー。マンションを購入する時、周辺の買い物事情がどうなっているかは大事なチェックポイントの1つです。その際、スーパーは1軒だけだけど大型スーパーだしそれで十分などと思うのは危険かもしれません。スーパーは近い範囲で3つくらいあるといいのです。何がいいかというと、物の価格です。価格競争の世の中ですから、近い範囲でスーパーが密集しているとお互いの店で価格を張り合ってくれます。わざわざA店やB店の方が安い場合はもっと下げますと宣伝していることもあります。1軒だけしかスーパーがないと、その店が撤退してしまったら大変なことになりますが、複数のスーパーがあると、1軒くらい撤退する店があった時にも安心ですよね。

売りやすいマンションはやっぱり駅近

考え抜いて選んだマンションでも、売却することになる場合は多々あります。子どもは2人の予定だったのに3人になってしまって手狭だから手放したいとか、ご近所トラブルとか、購入後に「こんなはずじゃなかった」ということが発生したり、ローンの支払いなどの関係で手放すことを決断することもあるでしょう。中古マンションでは、間取りや設備面などより駅から近いかどうかが重要視される傾向があります。駅から近いマンションは値崩れしにくいのです。何があっても絶対に手放さないと決めているなら考慮しなくてもいいかもしれませんが、何かあった時には売却することもあるかもという場合は、駅から近いことが売りやすいマンションということを覚えておくといいでしょう。

シニア向け分譲マンションとは高齢者を対象とした分譲マンションで、医療などの緊急時のサービスを含む物件が多いです。