広範囲な八ヶ岳別荘エリア

八ヶ岳の別荘地は広範囲にわたっており、長野県の原村から清里にかけて、八ヶ岳エリアになっています。主要道路としては、長野県と山梨県を結ぶ富士見高原道路があり、周囲にはペンション村などが広がっています。八ヶ岳エリアには、温泉施設が付いたコテージ風の貸別荘もあります。また、購入物件をオーナーとして使用しながら、利用しな期間は貸別荘として提供するコングロマリット方式にすることも可能です。そうした別荘の場合、集客性を上げるためにデザイン性も高く、自然環境などの立地も良いものが多くなっています。貸別荘の食事に関しては、ケータリングサービスが整っているので、利用者の利便性が良いわけです。

富士見街道周辺の別荘地

富士見街道は、標高1000~1200mに位置しており、片側1車線の広めの道路です。伐採など管理が行き届いており、開放感のある快適なドライブラインになっています。この道路沿いにも、少し奥まった場所に別荘が点在しています。殆どの別荘が薪ストーブを使用しており、建物の外部に煙突が出ているのが見られます。薪ストーブは別荘ライフの象徴の一つにもなっており、これを楽しむために当地に別荘を購入する人も多くなっています。

長野エリアの別荘地の特色

長野方面に向かう富士見街道沿いには、カフェや企業の保養所も多く立ち並んでいます。観光施設誘致の取り組みは、これまで長野県のほうが活発に行なっていました。それ故、カフェ以外にもレストランなどが比較的に充実しているわけです。別荘物件も新築から中古まで多様に揃っており、流動性も高いと言えます。当地は落葉松の影響が大きいので、地面だけでなく屋根にも沢山積もります。それ故、通常、10年毎に屋根の吹き替えが必要になってきます。

八ヶ岳の別荘の自然環境に注目をすることで、落ち着いた生活を好む中高年層にとって、多くのメリットを実感できます。

八ヶ岳の別荘地の関連記事
八ヶ岳に移住の方はこちら