専有部分の部品交換などの目安

マンションの所有者においては、専有部分と称される居住空間について、管理やメンテナンスを適切にしていくべきです。そして、さらに長く快適に暮らすためには、新しい建材や設備を入れ替えるといったリフォームも必要です。こうしたリフォームのタイミングとしては、水栓金具やトイレなどのパッキンなどの細々としたメンテは5年ごとに、キッチンコンロ・ガス給湯器、換気扇などの機械類や、サッシの戸車・壁紙の張り替えなどは10年ぐらい、キッチンセットやユニットバスなどの設備類に至っては、15年ぐらいで交換をしていきたいところです。あくまで目安かつ基本ですが、こうした時期は、じっくりと見極めたいところです。

大規模修繕との兼ね合いにも注意

共有部分においては、大規模修繕にあたります。かかる大規模修繕に伴い、サッシの交換や配管の取り替えなど、専有部分においても影響を及ぼすことから、専有部分の工事も必要になるケースもあります。こうした共有部分と個別のリフォームの時期が重なれば、材料の搬入や駐車場での車の止め方について、トラブルの発生原因ともなり得ます。専有部分のリフォームの時期は、大規模修繕の時期及び内容を確認した後にしたほうが賢明といえます。

どんなリフォームにするか決まったらどうする?

マンションでは、個人は専有部分しかリフォームできず、当然ながら共有部分は個人ではリフォーム不可能です。そして、こうしたリフォームはマンションの管理規約に従って行いましょう。専有部分であるからといってもどのようなリフォームを勝手にしていいものではありません。専有部分とは、大雑把に言えば、壁や床、天井、サッシの内側に至る部分です。リフォームの要望がある程度決まったら、業者に相談してみましょう。費用の算出のためには、現状を確認してもらい見積もりを出してもらいましょう。

マンションリフォームを千葉でお願いすることで、長期間にわたって品質の良い物件の状態をキープすることができます。