地域によって畳のサイズは違う

6畳や4.5畳という表記は、その部屋の広さをイメージしやすいものだと言えます。しかし畳は、地域によってそのサイズが異なるため、同じ6畳でも、実際の面積に違いがあります。その種類としては、西日本で使われている「京間」と、中部地方で使われている「中京間」、そして関東を中心に使われている「江戸間」などが知られています。サイズとしては、京間が一番大きく、次に中京間、そして江戸間という順にサイズが小さくなります。

畳のサイズによって部屋の面積も変わる

畳のサイズによって実際にどれだけの違いがあるかというと、中京間の6畳は京間のそれより約0.6畳分狭くなってしまい、さらに江戸間6畳は京間のそれと比べて約1畳分狭くなります。なので京間に慣れた西日本の人が、東日本の中京間や江戸間の部屋に引っ越すと、同じ6畳間でも狭く感じることがあるでしょう。また、江戸間よりさらにサイズが小さい「団地間」と呼ばれる畳の場合は、同じ6畳間であっても、京間の約4.5畳分の広さしかありません。

1畳には基準が設けられている

畳のサイズによる広さの基準が地域によって違うのは、利用する側にとっては不便なことだと言えます。しかし首都圏では、中京間程度のサイズである「1畳=1.62平米以上」という基準が設けられているため、それよりサイズが小さい江戸間などについては、そのまま6畳などという表記は出来ないことになっています。いずれにしても、賃貸情報に掲載されている表記上の面積だけで判断するのではなく、実際に自分の目で確かめることが必要だと言えるでしょう。

賃貸といっても物件数は山ほどあります。その中で良い条件というのは築年数の浅さ、駅から近いか、家賃が安いかといったことが挙げられます。

二海郡八雲町での賃貸で見つける
公式ブログ