土地選びは住みたいエリア、あるいは通勤地から

土地選びは地価の高騰などからなかなか希望通りの土地探しが難しくなって来ています。それでもサイトを調べると各都道府県のエリアごとの平均坪当たりの価格も掲載されていますので参考になります。長く勤めるということもあって勤務地を基準にしてエリアを決めて行きます。中には人気のあるエリアや自分でこだわりを持っているエリアがあるということもあります。そして不動産のポータルサイトにおいて条件などを付けて検索を掛けると希望に近い物件情報も手に入ります。

土地は現地を見ることも重要です

家族がそこで長らくの間暮らすとなれば、現地を見ておくことも重要です。予算の面からも家族の人数や土地の広さ、建物の延べ床面積、登記費用やその後の税金など検討するべき事項は多くあります。そして敷地は矩形が望ましく、平坦で段差のないものが好ましいとされます。矩形でない場合には建築設計の時点で家相や風水から見た場合で調整を行うこともあります。駐車スペースは敷地の広さからは1台か2台以上必要かもチェックしておきます。

法的な制限については

土地というものはそれぞれに都市計画区域や市街化区域、市街化調整区域の別とか、各用途地域などに分かれ建蔽率や容積率、高さ制限や斜線制限、建築基準法による道路幅など法的に制限を受ける場合が多いものです。これらの制限内において建物を建てる必要がありますから多くの希望を持っていても全てが叶うというわけに行かない場合もあり、中には変更を余儀なくされる場合もあります。土地は曜日や時間帯を変えて現地を見たり周辺の利便施設の状況などを把握しておくと良いとされています。

注文住宅の売れ筋商品の特徴として、駅前までの距離が近いことや、トレンドのデザインが施されていることなどがあります。

SE工法の詳細